一杯のコーヒー

今朝のこと。
愛妻に一杯のコーヒーを作ると、「コップンカー」と。
コップンカー、日本語の「ありがとうございます」と訳すと(直感的に訳してしまう)、どこか、よそよそしく他人行儀のような響きに聞こえてしまう。
ましてや、手を合わせて言われると余計に他人行儀のように感じる。
日本だと、たかが、コーヒーを一杯入れてもらって夫婦間や親しい間柄で「ありがとうございます」とは言わないだろう?
おそらく、「ありがとう」でしょうね。
まあ、この場合は、「ありがとう」と訳しておけばいいのでしょう。
タイ語には、日本語の「ありがとう」と「ありがとうございます」を区別するような言葉は無いのかな?
私も、愛妻に何かしてもらった時、手を合わすことはないが「コップンカップ」と言うが、時々、日本語の「ありがとう」を使うことがある。
しかし、女性の柔らかい声の「コップンカー」は、男性の「コップンカップ」と違って、実にいい響きですね。


Wiang Chai村の夜明け、今日も霧の朝でした。
09578 2021.02.06 2021.02.06 P2066209LT.jpg

09579 2021.02.06 2021.02.06 A02 P2066212L.jpg

09580 2021.02.06 2021.02.06 A02 P2066242L.jpg

09581 2021.02.06 20210206 P2066234L.jpg

09582 2021.02.062021.02.06 P2066263L.jpg

この記事へのコメント

Walker33
2021年02月06日 23:35
今日も、前景にポイントを入れるだけで、風景の全貌が一段と美しく引き立っている。いつもながら観るべきところが、好いなあ!
言うのは容易なのだが、私は、平板な絵になる。まだまだ、つかみきれていない。学習しなければ。
We-Keaw
2021年02月07日 12:26


>Walker33さん
>ありがとうございます。いつものことながら、幻想的な霧の風景の始まり頃は興奮しますが、シーズン終盤には飽きてきて、このような、草花を撮ることが多くなりますね。もう少し、変化に富んだ自然が欲しいです。