目隠し終了

昨日、隣のぼろ隠しの竹垣工事終了。
8日間もかかってしまった。
数日で終わると思っていたが、甘かった。
竹なので、直ぐにダメになってしまうだろうが、次は、何か考えなくては。
まだ、少し、ぼろ隠ししたいところは、あるが、おいおい考えよう。
これで、テラスから、隣の方を向いて座っても何も違和感なくなった。
昨夕、早速、テラスに座りビールを飲んで作業の疲れを癒す。
飲みながら、竹垣を、花で飾れば、なおさら、リラックス出来るだろうなと。
これは、早々に実行しよう。


作業の休憩中、直ぐ、目の前のマムワン(マンゴー)の木でScaly-brested Muniaが愛の巣を建築中の光景を目撃。
合間をぬって、撮影会。

右向いて
09647 2021.03.05 2021.03.04 IMG_9625LT.JPG


左向いて
09648 2021.03.05 2021.03.04 IMG_9626LT.JPG

横から
09649 2021.03.05 2021.03.04 IMG_9614L.JPG

後姿も
09650 2021.03.05 2021.03.04 IMG_9619LT.JPG

恥ずかしいよ
09651 2021.03.05 2021.03.04 IMG_9618LT.JPG

お忙しい中、コップンクラップ

この記事へのコメント

Walker33
2021年03月05日 13:35
Wow ! 凄い !! Scaly-brested Munia の可愛い姿、5ショット、お見事 !
Rare な小鳥の姿を、この距離にて正面から観られるなんて、いいなあ!
We-Keaw
2021年03月07日 12:17


>Walker33さん
>ありがとうございます。この鳥、この地では、よく見かける鳥ですね。我家の庭の木の、あちらこっちらに巣作り、時には、高層住宅まがいに、積み重なったような光景も見られます。頻繁に巣に出入りするので、巣の近くで静かに待っていると比較的至近距離からの撮影が可能ですね。今回は、止まり木のような小枝が巣の近くにあったので比較的撮りやすかったですね。これで、6m前後の距離でしょうか?もう少し寄れるかもしれませんね。もう少し、カラフルな鳥だと撮りがいもるのですがこればかりは致し方ありませんね。
Walker33
2021年03月07日 22:55
トリの印象が Lovely であったので、また Comment した。
想像通り見慣れたトリであった( 私にはRare )。鮮やか色合いでないものの、トロピカル風の樹々を背景に黒褐色もなかなか魅せられる。まして Charming だ。そのうえ撮影者の技量に負うところが大きい。
通常、小鳥は、正面には出現せず、止まらずピョンピョンと移動し、ファインダーでのキャッチも難しい。そのため枝、葉っぱと重なりに泣かされる。何よりもこの鳥の姿、イケメンですなあ!
We-Keaw
2021年03月08日 11:58


>Walker33さん
>この場合、巣の下に止まり木のような小枝があることで、必ずここに留まり、比較的撮りやすかったです。長いイネ科の巣材を咥える姿や、ツーショット、羽を広げる姿なども見られましたが一瞬のこと、思うような姿が撮れずじまいでした。