結婚式

今日は、義姉の親戚の女性の結婚式。
お呼ばれされているが、今時の集まり腰が重い。
愛妻は、儀式から行けと言うがパーティーだけでいいと断る。
父親は知っているが、その娘までの顔は??? 会ってみれば、ああ、この娘かと思うかも。
お相手も、愛妻、説明してくれるが、いつもの、日本語少し喋る、どこそこのだれだれ、姉、妹、・・・・・、息子と並べるだけで??**?!?
しかし、タイに住むようになって、今までに、数知れず結婚式に顔を出したが、全然関係のない人も数多く、服装も気楽な普段着、だれかが、突然、結婚披露宴に行こうと、それも、T-シャツ、トレーナー姿なんてことも、主催者側も来てくれると嬉しいのだそうです。
今回も突然言われたものだから、愛妻に衣装がないよと言うと、アライコダイ(何でもいい)だって、そうは言っても親戚だよね、考えるなあ。

いつだったか、クルンテープ(バンコク)のランナースタイルのハウスを見学に行った時、少数民族風の衣装を着てダンスをしていたので、てっきりアトラクションかな?と思い、入って行って写真を撮らせてもらっていると、何と結婚式のアトラクションで、儀式に参加してくれと言われ、やむなく参加し、終わって、食事もと言われたが、さすがに、それは、お断りした思い出がある。


山里遠望
09652 2021.03.06 2020.12.20 PC304851LT.jpg


優しい光に包まれて
09653 2021.03.05 2020.12.30 PC304883L.jpg

この記事へのコメント