ハラハラ・ドキドキ

昨夕、孫兄弟がやって来る。
我家のマムワンの消毒で、家族のように過ごしている男性と愛妻が連れてきたのである。下の孫は裸足、そのまま、我家の家の中に入るなり駆け回り、愛妻に靴は?と聞くと無いだと・・・。
差別用語、見下げた言葉だと思うが、Mountain boyだと、愛妻と二人して笑って。
ふと、兄の足の裏をみると、もっと、汚れていて真っ黒、愛妻に言うと、足の裏を見せ私もと、やれやれ。
孫二人、我家のリビングを駆けずり回り、怪我しなければいいがと、ハラハラドキドキ。
少し、年が離れているが、兄は弟の遊び相手をして、面倒見の良い優しいお兄ちゃんだと愛妻は言う。
暫くして、帰って行った。
帰ったあとは、嵐が去った後のように静かに、賑やかなのは、我家の愛犬達の声。
ハラハラドキドキだったが、幸せな時間だった。



山里の夕暮れ
09732 2021.04.11 2020.10.26 PA264236LT.jpg


09733 2021.04.11 2020.10.26 PA264236LT.jpg


09734 2021.04.11 2020.10.26 PA264236LT.jpg

この記事へのコメント